2008年02月18日

ドイツ語で 20までの数字(その2)

Guten Tag !  皆さんこんにちは、ドイツ語会話の時間です。

0〜10までの数字、丸暗記しましたか?次は11〜20について丸暗記しましょう。13から19までは英語のxxxteenと同じ感じでxxxzehnという言葉になります。
割と簡単に覚えれますよ!(綴りは後でもいいから、発音を丸暗記!)

elf    (エルフ)     : 11
zwölf   (ツヴェルフ)   : 12
dreizehn (ドライツェーン) : 13
vierzehn (フィアツェーン) : 14
fünfzehn (フュンフツェーン): 15
sechzehn (ゼヒツェーン)  : 16
siebzehn (ズィーブツェーン): 17
achtzehn (アハツェーン)  : 18
neunzehn (ノインツェーン) : 19
zwanzig  (ツヴァンツィヒ) : 20

ドイツでは通貨として20ユーロ札、20ユーロセントコインも使われていて、zwanzig (ツヴァンツィヒ)という単語をよく耳にします。特にこの単語は覚えていてくださいね。


さて、次回もビッシビシいきますよ。ではさようなら(Auf Wiedrsehen!)

タグ:数字
posted by ドイツ語旅博士 at 13:24| サバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ドイツ語で レストランへ行こう

Guten Tag !  皆さんこんにちは、ドイツ語会話の時間です。

ドイツに来たらおいしいドイツ料理を食べたい。おいしいものを食べることでドイツが好きになり、そしてドイツ語の勉強にも熱が入る。全くよいお話ですね。

ドイツレストランに行ってみましょう。おいしいお店に越したことはないけど、ドイツに着いたばかりならお店はまだよくわからない。でも迷わずドイツレストランに入ってみましょう。

■ 基本単語

Speisekarte (シュパイゼカルテ) : メニュー
bitte(ビテ) : お願い
Haben (ハーベン) : have = 持つ
Möchte(メヒテ) : want = 欲しい
das(ダス) : これ
Zahlung(ツァーレン) : 支払


■ 会話(というより、まずは一方的に)

Guten Abent ! : こんばんは
(グーテン アーベント)

Die Speisekarte, bitte. : メニューをください。
(ディ シュパイゼカルテ ビテ)

Haben Sie die Speisekarte auf Japanisch ? : 日本語のメニューはありますか。
(ハーベン ズィー ディ シュパイゼカルテ アウフ ヤパーニッシュ)  (まずない! 残念)

Haben Sie die Speisekarte auf English ? : 日本語のメニューはありますか。
(ハーベン ズィー ディ シュパイゼカルテ アウフ エングリシュ)  (あればラッキー)

Ich Möchte das und das. : これとこれください。(メニューを指しながら)
(イッヒ メヒテ ダス ウント ダス)

Zahlung, bitte. : 支払をお願いします。
(ツァーレン ビテ)

★ 料金は食べたテーブルで支払います。
★ 支払の際にチップを忘れずに。
★ なかなかウエイターが席に来てくれませんが、イライラしないように。


さて、次回もビッシビシいきますよ。ではさようなら(Auf Wiedrsehen!)

posted by ドイツ語旅博士 at 16:38| 食べる・飲む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

ドイツ語で電話番号 数字(その1)

Guten Tag !  皆さんこんにちは、ドイツ語会話の時間です。

ワン・ツー・スリー、アン・ドゥー・トロワ、は日本でもなじみのある言葉。ではドイツ語ではどういうの?第2外国語でドイツ語を選択した理系の人ならわかりますよね。

馴染みのない数字でも、ドイツ語では基本。ドイツに来るならサバイバルの意味でも数字は必須。20までの数字は丸暗記しましょう。
数字編まずはその1。10までの数字を丸暗記しましょう。(綴りは後でもいいから、発音を丸暗記!)

eins   (アインス) : 1
zwei   (ツヴァイ) : 2
drei   (ドライ)  : 3
vier   (フィーア) : 4
fünf   (フュンフ) : 5
sechs   (ゼックス) : 6
sieben  (ズィーベン): 7
acht   (アハト)  : 8
neun   (ノイン)  : 9
zehn   (ツェーン) : 10

そして、多くのトラベル会話の本に漏れている基本数字 0(ゼロ)これも忘れずに!

null   (ヌル)   : 0

これであなたも電話番号をドイツ語で話せますね。


さて、次回もビッシビシいきますよ。ではさようなら(Auf Wiedrsehen!)

タグ:数字
posted by ドイツ語旅博士 at 15:19| サバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。