2008年03月24日

ドイツビールを飲みましょう

Guten Tag !  皆さんこんにちは、ドイツ語会話の時間です。

ドイツといえばビール。今日はビールを飲むための勉強をしましょう。


■ 基本単語

Bier (ビーア) : ビール
klein (クライン) : 小さい
groß (グロース) : 大きい
trinken (トリンケン) : 飲む
zusammen (ツザメン) : 一緒に(together)


■ 会話(というより、これまた丸暗記)

Bitte schön ? : (ご注文を)どうぞ
(ビッテ シェーン ?)
Bier Bitte   : ビールを下さい。
(ビーア ビッテ)

Bitte schön ? : (ご注文を)どうぞ
(ビッテ シェーン ?)
Ich möchte ein kleines Glas Bier : 小さいグラスのビールを下さい。
(イッヒ メヒテ アイン クライネス グラース ビーア)

Bitte schön ? : (ご注文を)どうぞ
(ビッテ シェーン ?)
Ich möchte ein grosses Glas Bier : 大きいグラスのビールを下さい。
(イッヒ メヒテ アイン グローセス グラース ビーア)

Bitte schön ? : (ご注文を)どうぞ
(ビッテ シェーン ?)
Noch ein Glas, bitte : もう一杯下さい。
(ノッホ アイン グラース ビッテ)

Trinken wir zusammen Bier ? : 一緒にビールを飲みましょうか?
(トリンケン ヴィーア ツザメン ビーア ?)
Also gut ! : そうしましょう!
(アルゾ グート)



★ なんとドイツではビールのつまみとしてカリッとした食感のブレッツェル(塩味のきいたパン)が有名。
★ そのほかにもソーセージ(ブルスト)も各種あります。
★ ウインナーとフランクフルト、この違いはなんでしょうか?
  (これ調べるとちょっと面白いですよ。)


さて、次回もビッシビシいきますよ。ではさようなら(Auf Wiedrsehen!)
posted by ドイツ語旅博士 at 00:14| 食べる・飲む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ドイツ語で 21以上の数字(その3)

Guten Tag !  皆さんこんにちは、ドイツ語会話の時間です。

0〜20までの数字、丸暗記しましたか?次は21〜について丸暗記しましょう。30、40といったきりの良い数字は英語のxxxtyと同じ感じでxxxzig(xxxßig)という言葉になります。
割と簡単に覚えれますよ!(綴りは後でもいいから、発音を丸暗記!)

■ 20以上のきりの良い数字
zwanzig (ツヴァンツィヒ) : 20
dreißig (ドライスィヒ)  : 30
vierzig (フィアツィヒ)  : 40
fünfzig (フュンフツィヒ) : 50
sechzig (ゼヒツィヒ)   : 60
siebzig (ズィーブツィヒ) : 70
achtzig (アハツィヒ)   : 80
neunzig (ノインツィヒ)  : 90
hundert (フンデルト)   : 100(百)
tausend (タウゼント)   : 1000(千)
zehntausend  (ツェーンタウゼント) : 10000(万)
hunderttausend (フンデルトタウゼント): 100000(十万)
Million (ミリオーン)   : 1000000(百万)

■ 21、22...
21、22といった数字は日本語(英語)の場合は20と1、20と2というふうに考え、にじゅういち(twenty one)、にじゅうに(twenty two)というふうに表現します。ドイツ語では...?
1と20、2と20というふうに考え、かつ”と”を正しく使い、つなげて表記します。
einundzwanzig  (アインウントツヴァンツィヒ) : 21
tweiundzwanzig (ツヴァイウントツヴァンツィヒ) : 22


■ 101、102...
では101、102といった数字も1と100、2と100というふうに考えるのか...?
これは100と1、100と2というふうに考え、かつ”と”を正しく使い、つなげて表記します。
hunderteins (フンデルトアインス) : 101
hunderttwei (フンデルトツヴァイ) : 102


■ 111、112...
では111、112といった数字は...?
これは100と11、100と12というふうに考え、つなげて表記します。
hundertelf (フンデルトエルフ) : 111
hundertzwölf (フンデルトツヴェルフ) : 112


■ 121、122...
では121、122といった数字は...?
これは100と21、100と22というふうに考え、つなげて表記します。
hunderteinundzwanzig (フンデルトアインウントツヴァンツィヒ) : 121
hundertzwölfundzwanzig (フンデルトツヴァイウントツヴァンツィヒ) : 122


これであなたはドイツ語数字博士、頑張って下さいね。


さて、次回もビッシビシいきますよ。ではさようなら(Auf Wiedrsehen!)
タグ:数字
posted by ドイツ語旅博士 at 15:13| サバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。